北海道札幌市の法律・交通事故をメインとした法務、企業のコンプライアンス・業務効率化をサポート

お知らせ / ブログ [ Information & Blog Single ]

20164.6

「7つの習慣」社内研修ファシリテーター資格を取得しました!

私は,「争いごと(紛争)のない社会の実現」を自分の人生におけるミッションとしています。

大それたミッションですよね。自分でもよく思います(笑)。


さて,世の中のほとんどの争いごとは,当事者双方において,

(1)自分自身の選択(行動)ではなく,自分ではコントロールできない他者の行動や選択を無理矢理変えようとする

(2)他者を打ち負かすこと,屈服させることが自分の人生にどのような意味を持つのかについて思いが至らない(=自分の人生においてなにが大事なことなのかをあまり意識していない)

(3)今からとろうとしている選択肢(例えば相手と徹底的に争うという選択肢)が,自分が人生において成し遂げたいことにとって効果的かどうかという発想に至らない

というような,あまり望ましいとはいえない習慣を持ってしまっていることに原因があると考えられます。

ご自身が他者と争ったり,いわゆるケンカのような状態になってしまったときを思い出していただければ,心当たりがある方は少なくないのではないでしょうか。

かく言う私も上記1~3全てを,以前よくやってしまっていました(今でも時々やらかしてしまいます・・・)。

当然,そのような時には人間関係が悪化し,ストレスフルな状態になってしまっていました。

このような,多くの人が陥りがちな習慣から脱却し,個人個人が人生における目的を達成するために効果的な7つの習慣について詳細に述べられているのが,アメリカにおけるリーダーシップの権威であるスティーブン・R・コヴィー博士によって著された「7つの習慣」という本です。

世界中で3000万部以上のベストセラーとなり,我が国でも180万部以上の大ベストセラーとなっている古典的名著です。
Amazonのレビューをご覧いただければ,評判の一端が垣間見えるのではないかと思います。

同書で紹介されている「7つの習慣」とは,

第1の習慣  主体的である

第2の習慣  終わりを思い描くことから始める

第3の習慣  最優先事項を優先する

第4の習慣  win‐winを考える

第5の習慣  まず理解に徹し,そして理解される。

第6の習慣  シナジーを創り出す

第7の習慣  刃を研ぐ

の7つです。

1つの1つの習慣については,今後本ブログの中で徐々に掘り下げて紹介していきたいと思っていますが,今日のブログでお伝えしたいことは,上記の各習慣を常に人生における行動指針とすることにより,人と人とは,不毛な争いをせず,個々人の人生における目的達成に向かって効果的に生きていくことができる,ということです。

このような良質な考え方(情報)を多くの人にわかりやすくお伝えすることで,世の中から争いごとは確実に減っていくと私は確信しています。

そこで,少しでも多くの人に7つの習慣のエッセンスをお伝えするべく,この度,フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社認定「社内研修ファシリテーター」という資格を取得しました。

この資格は,コヴィー博士が7つの習慣を世に広め,「生まれてきたときより,よりよい世界にして,この世を去る」というご自身のミッションを達成するために創られたフランクリン・コヴィー社の日本支社(フランクリン・コヴィー・ジャパン)による認定資格であり,私と一定の関係性を有する企業に対して,私が,講師としてフランクリン・コヴィー社による7つの習慣の研修プログラムを実施できるというものです。

今後,多くの人々に,7つの習慣の実践による人生改革や企業改革の技術をお伝えし,争いごとのない社会の実現を目指していきたいと思っています。

7つの習慣そのものや,研修プログラムについてご興味おありの方は,ぜひご連絡をいただけますと幸いです。

↓ちなみに,こちらが認定証です。